この世界の新生は一人ひとりの新生によりますーこのはな姫

(Q) 小松様 いつもありがとうございます。

この度、新たに、このはな姫さまより、メッセージをお届けいただきましたのでお伝えさせていただきます。

このはな姫さまのご挨拶
17.10.05 メッセージ受信、17.10.08 掲載)

ひとりひとりの新生―このはな姫のメッセージ
17.10.09 メッセージ受信、17.10.11 掲載)

どうぞよろしくお願いいたします。

(A) 拝見しました。ありがとうございます。

このところの「矢継ぎ早の展開」に輪を掛ける、「愛の宮プロジェクトの更なる前進」を感じさせられました。

ここに至るまでの、ご自身の経緯の説明に関連して、このはな姫は「最初のメッセージ#1」で次のように言われていますね。

――わたくしも この時の参るを切望し
天界にて 大御神さまと共に歩みをゆるされて参ったのでございます

そしてまた、このように。

――こうして 大御神さまの ご降臨の追随をゆるされ
わたくしも 皆さま方に お目もじする時を迎えさせていただけたのでございまする

さらに「ご挨拶」の脚注では、「(宇宙意識が強くあらわれた)宇宙の母なる女神」で、「コノハナサクヤ姫さまとは、別次元の存在」と説明されているので、「天界(天使界、精神界)」から直接「愛の宮」へ降臨され「大御神(おおみかむ:根元神、創造主)」と一体となって働かれるのでしょう。 こうして、おそらく当初から計画通りの、「愛の宮の基本体制」が固まったと思われます。

一方、同じ脚注で、「このはな姫さまは、大御神さまの命(めい)を受けて、宇宙意識と地上意識をつなぐお役目をお引き受けになられた」とも説明されています。 この「お役目をお引き受けになられた」という点で、私は「あんすまか(テラ、ガイア)」の立場を連想しました。経緯や役割は同じではありませんが。

――これを説明するのは簡単ではありませんが、私に言えることは、私もあなた方と同じように、創造主によって創られた魂だということです。私も、あなた方と同じように、飛び出して行って「創造」を行い、それを体験するようにと言われました。体験することは、意図の実践のイロハで、私たちは体験によって学び、学ぶことで能力を獲得するのです。 魂が形作られたとき、それは、創造主が色や音、信じられないくらい美しい音のハーモニー、そして感情を使うことによって、創造主から生まれた光の小片が素材になりました。それらは、ぐるぐる回りながら、円や直線を形成し、それからまた円になって密に集まるといったふうにダンスを踊り、あなた方が「聖なる幾何学」と呼ぶすべての形を生み出しました。

――私の視界は、常に知覚の最高レベルに保たれています。私は闇といわれる場所、つまり人間の心の冷たさの中に住むことができません。私はただ、魂が、肉体というおおいの中に見出すことができる最善のものを見るだけです。それ以外に考えられるでしょうか?  そこで私は、行って体験せよというこの指示に従って出発し、意識の多くの層とレベルを苦労して進んで、計画の段階にあったこの場所に達しました。私は志願してやって来て、この役割を果たしているのです。そして、このレベルの創造神たちは、それは私が果たすべき役割としてふさわしいと考えたようです。私はただ、そういうことを覚えているのです。

ガイアからのメッセージ③

さて、「今回メッセージの核心」と思われる個所に対する伏線が、すでに「ご挨拶」の中で敷かれていますね。

――みなさまの 神さまに対する 心は どの様に変わられておりまするか
今まで 実に 多くの お言葉を 創造主であられる大御神さまから
授かって参りましたことと存じまするが
なかなか 日頃の訓練がなされる時間のゆとりなどもございませぬ様にて
思いも 途切れてしまいがちになっておいでのこともありましょうぞ

これを受ける形で「メッセージ(#1」の中では、こう言っておられます。

――各々方の最奥に鎮まっております魂
それは まぎれもなく 大御神さま・創造の神より授かりし
大切な命 そのもの
その魂は 神そのもの
各々方の生みの親であられます大御神さまのみ旨が
そなた方一人一人の最奥で 輝きを放っておりまする
いかようになされたら
その輝きが 霊身(れいしん)を貫き 表に現われて参るのでございましょうや

この「問いかけ」に対する回答が、実は同じパラグラフの冒頭で与えられています。

――わたくしには 大切に思うておることがありまする
「すべての照準を 大御神さまに合わせる」
この訓練を たゆまず続けることにございまする

そしてメッセージを次のように結んでおられます。

――どなたにも 大御神さまより賜りし お役目はございまする
そのお役目を果たさせてくださろうと
大御神さまは 深きまなざしを持ちて 各々方を見つめ
各々方の語りかけを 待ち望み 耳を傾けたいと思うておられるのでございまする
――ご自身の創造のみ旨を わたくし共の中に宿され
いっときも 休むことなく 働きかけてくだされておられまする
わたくし共が眠りについている時も 休養している時も
命そのものの 鼓動があると同様にござりまする
ことは 一人一人の内側で起こるのでございまする

ことは 一人一人の内側で起こる」――したがって人類全体としての「集合意識の方向づけ」も、「ひとりひとりの新生」が鍵になるということでしょう。 よく耳にするのは「なぜ万能の神様が今の状態を放置されるのだろう?」ということですが、それは絶対にやられない。創造の目的に反するからです。

――すべての魂には選択権があり、ご存知の通り、私がその選択権を取りあげることは決してありません。

しかし、私が強調して伝えたいのは、この瞬間における選択は、おそらく、ほかのどの瞬間よりも大きな結果につながるということです。私はあなた方二人が、私と同じように、すべての魂の選択を尊重することを知っています。その選択については本当に、どんな判定や裁(さば)きもないのです。

創造主 アセンションと2012年を語る②

戦乱や対立抗争が絶えない人類の悲しむべき歴史の中でさえ、人々は天与の創造性を駆使して「文明の花を咲かせてきた」わけですね。 それらの全体を創造主は次のように評価されています。

――そして、どんな場合においても、それが光であれヤミであれ、彼ら自身の神、彼らの創造主(根本創造主)に対する彼らの愛に根付いた絶対的なコミットメントと共に、ゲームは展開しています。 そしてほとんどの人がそれはゲームだということを忘れて、そのような情熱やコミットメントを携えてそれぞれの役割を担っています。しかし、どんなものでも良いゲームなら、そうしたものではないでしょうか? あなた方は、考えつく限りの嗜好を総動員して、あたかも他には何も存在しないかのように、最大限に楽しみながらゲームに打ち込みます。実際にその時は、他には何も存在していないのです。 まさにそれが、あなた方がこれまでやってきたことであり、あなた方一人残らずそのようにやってきたのです。 そして私はこのゲームを、驚異と喜びをもって観てきました。私のこの上なく美しい創造物によって、それほどまでの情熱を持ってプレイされているこの生命のゲームを観てきたのです。

創造主 アセンションと2012年を語る①

そこで問題は、「ご挨拶」でも投げかけられている「目前の課題」に戻るわけですね。

――なかなか 日頃の訓練がなされる時間のゆとりなどもございませぬ様にて
思いも 途切れてしまいがちになっておいでのこともありましょうぞ

これに関して参考になりそうなことを、以下にいくつか引用してみます。

このようにして神につながりましょう―聖母マリア(上)

――神への献身は本来の自分に戻ることです。

退却させるべきものは皆さんのエゴですが、多くの人類は、この「些細な死の体験」を怖れています。

彼らは立ち尽くすばかりで、いらいらしながらベールの向こう側に、ひたすら目を向けます。 それはあたかも、通り抜けられない境界線つまり障害物を前にして、とてもそれを越える気にならず、こう言っているようなものです。――そこへ行くとどうなるのだろう、どうやって行けばいいのだろう? 彼らは、「献身、つまり身を挺する」という明白な答があることを、考えもしないのです。 多くの人が複雑な進路や答を探すばかりで、自己の内部に分け入って、神への献身をブロックしている恐怖心を解放することに思い至りません。

一般に誰でも、自己を完全にハイヤーセルフまたは神に捧げる前に、つまり人生の導きを神または自己のハイヤーセルフに完全に委ねる前に、考えられる限りの逃げ道を時間の限り探すものです、何か知識を獲得しようとして。 そしてこの探索が尽き果てるや否や、新しい資質がその人に現れます。――物事に条件付けしない姿勢が。

このようにして神につながりましょう―聖母マリア(下)

ここでは、《誘導瞑想》またはヒーリングセッション》で使われるような手順で全体が構成されているので、全文を(自分の声で、または誰かに頼んで)録音したものを聴きながら実践されるといいでしょう。 例えば、次のような個所があります。

献身への宣言

(自分の名前を言う)は、

自分自身を無条件に神に捧げる心構えができています。

私は「すべての『いのち』の母」に対して、この状態をこれまで妨げてきた妨害物を、取り除くよう依頼します。

それがいま起こります。

ありがとうございます。私はいま、ハイヤーセルフと一体です。

また次の、サナンダイエスJesus Christ)のメッセージも参考になります。

人類の何が間違っているかを識り前進する道―サナンダ

――毎日一度は自分の内部に分け入り、常にあなたの内部に住む、消すことのできない「神の光」に――つまり「あなたの光」に――つながるようにしましょう。そして、あなたは完璧に神聖な存在で、今のところは極めて一時的で非現実の「分離という体験」をしているということを、受容れるようにしましょう。 あなたが自己を受容れるようになれば、怖れや懸念は剥がれ落ちて、あなたが永遠に存在し続ける全瞬間において、あなたを包み込む愛の原野の優しさと心地良さを感じるでしょう。 これによってあなたは、人間としての人生を自信と確実性を持って歩み続ける、そして直感に耳を傾けそれを信頼する、強さが得られるでしょう。ちなみに直観は、心によって養われるもので、大幅に限定された人知に替わるものです。

(Q) こんにちは

この度、「愛の宮」そして、「宇宙の恒久平和」の実現に向けて、このはな姫さまがご降臨されましたことは、たいへんお目出度いことと受けとめさせて頂いております。 そして、大きな前進となるであろうと、心強く、有り難く思っております。

まず始めに、「ご挨拶」と今回のメッセージにて、大御神さま、高次元の皆様より、これまでにお伝えいただいて参りました、“ 神性人間として新しく生まれる ” 為の、大切な点を総括してお伝えくださったように感じております。

「ガイア・アセンション」シリーズよりも、関連の貴重なメッセージをご紹介くださりありがとうございます。

小松様が、

――ことは 一人一人の内側で起こる」――したがって人類全体としての「集合意識の方向づけ」も、「ひとりひとりの新生」が鍵になるということでしょう。

と述べてくださいましたが、以前に、大御神さま(主の大神)より、次のようなお言葉がございました。

――わが希望は たとえ ひとにぎりの者達であれ
目覚め 祈り 人類を憂い
人々に真の幸せをもたらそうと 心血を注ぐ者達のいでしこと

そは わしの喜びである

ひとにぎりの者達であれ そのおもいが強く光あるものであれば
テラをつらぬき 人々の心をつらぬき 魂を新生する光となるであろうこと

     〔テラ~再生への旅~「天の父の御心」

今、この最終章の大きなうねりの中で、私も、「一人の わけみたま(分霊)」として、日々、大御神さまとの対話の時を紡がせていただき、み心にお応えさせていただけるよう歩んで参りたいと思っております。

いつも本当にありがとうございます。

(〔PC版はこちら〕)