「新たな宇宙時代」へ向けて「愛の宮」への想いを醸成させる時

(Q) 小松様 いつもありがとうございます。

新たなメッセージを掲載いたしました。

 ▶心ひとつに「新たな宇宙時代」へ前進する時

どうぞよろしくお願いいたします。

(A) 拝見しました。ありがとうございます。

お二方の今回のメッセージは、いずれも「愛の宮プロジェクト」を強く意識されているように思います。

――今 私どもは「愛の宮」の建築に向けて必要な水源を探したり

・・・喜々として動いている次第です(河童族 長老)

――皆様方におかれましては 準備万端
「愛の宮」にお住まいになられる 大御神 こと 創造主の元へ
馳せ参じたいとのおもいが湧いてきておりましょうか
(宇宙同胞 モーリス・アマンダ)

その一方で、お二人とも、その背後にある「惑星地球を起点とする新しい宇宙の形成」を十分に念頭に置かれているように見受けられます。

――この宇宙変遷の 大いなる あらたなプロジェクト(河童族 長老)

――全宇宙挙げての大御神さま監修のプロジェクト(宇宙同胞 モーリス・アマンダ)

前者(愛の宮)は、後者(宇宙再編)を実現するための、最も重要な第一歩と受け止めさせて頂いています。

以下は、お二方それぞれのメッセージについての、私の感想です。

1.河童族の長老ハインリッヒ・アレッサンドロフスコエのお話

――今 私どもは「愛の宮」の建築に向けて必要な水源を探したり
その水源を確保したり と 私どもの役割を
粛々と取り組ませていただいている次第です
何しろ 大御神さま 鳴り物入りの御計画ですので
御無礼のなきよう 慎重に ことを運ばせていただいている次第です
この様に大切なお役目を仰せつかったことは 大変な光栄でございまして
河童族一同も 喜々として動いている次第です
――水に関しましては 私どもがお引き受けした以上
どの様な心配もございませんので どうか御安心くださいますよう

この河童さんたちの確信は何とも頼もしいものですが、その背後にあるものについて、このように推測されます。

おそらく彼らは、もともと持っている天与の能力として、地下水脈についての完全なマッピングができるのでしょう。

それは対象とする狭いエリアの、地下水脈について、その方向や水量と水勢、その季節変動、そして地表からの深さまでに及んでいると考えられます。それは単に水を「使用する局面」に限らず、使用後の水の完全な濾過・浄化や下流側への適切な流出にまで及んでいるでしょう。

当然ながら、そのような水利用への人類のニーズは従来からあるわけで、水探査の技術開発も行われ事業化もされているようですが、目的が主として地下の帯水層を探り当てポンプで水を汲み上げること、また技術的には試掘的なボーリングや周辺地の既存の井戸データからの推計、または電気的手法による地下土質の推計に頼る域を出ていないようで、総合的に判断して「愛の宮」のコンセプトには、さまざまな意味で間に合いそうもありません。

河童さんたちの全面的な協力を得れば、短期間でピンポイントの適地を探り当て、しかも意外に簡易な方法で、運用面も含めて「水に関しては、どのような心配も要らない」状態が実現できるでしょう。 「創造主大御神)」が「地下世界の河童族」に白羽の矢を立てられ、いち早く「愛の宮の前身基地」へ河童さんたちが次々と来訪され、また「建設地(聖地)の下見」にも同行された深い背景が、ここへきて浮かび上がってきたような印象があります。

そして、水の必要性は、「水の使い方」によっても大きく違ってきます。

――地上にお住まいの多くの方々 宇宙の方々
さまざまな生きとし生けるものの生命の源
水という 神さまからの贈り物 授かり物を 生命と同じように
いとおしみ 大切に 使わせていただけたら こんなに嬉しいことはございません

この点で参考になるのはニュージーランドです。

この国は、日本以上に年間降水量に恵まれていますが、人々の節水に対する姿勢は根本的に違います。 「愛の宮」への訪問と同様に、ニュージーランドへの留学やホームステイを目指す方は、日常生活での水の使い方を、抜本的に改めることをお勧めしたいと思います。(ご参考:「節水」から見えるニュージーランド国家運営理念の先進性

そして次のパラグラフは、私たち「地上世界の人類」の「想念の影響力」について、極めて重要な事実を示唆されているようです。

――限りある資源と言われて参りました水
また多くの限りある資源とされて参りましたものの命は
私どもはじめ 皆様方の想念が
神中心 神に創られし命との想念に変わりますれば
永遠の命を分け与えて下さいました大御神さまの御心に基づき
限りある命から
すべてのものが永遠に光り輝く生命へと よみがえりがゆるされることでしょう

上のメッセージの要点だけを綴れば、こうなります。

皆様方の想念が 神中心 神に創られし命との想念に変わりますれば・・・すべてのものが 限りある命から 永遠に光り輝く生命へと よみがえりがゆるされることでしょう」・・・つまり(地上世界の)実情として、人類が共通して抱いている「想念」のために、人類だけでなく、「すべてのものが 限りある命」に陥っている。 これは、人類が自ら「発明し構築」した「幻想ゲーム人類の集合的イマジネーションによる虚構)」に、(少なくとも地上世界の)他の「すべてのもの」を巻き込み、彼らを(これまでのところ)「限りある命」にしてしまっている、という状況を熟知された上でのメッセージと思われます。

幻想ゲーム」については、次を参考にしてください。 この世界の幻想ゲームに参加せず平和的で楽観的に生きる―サナンダ

幻想ゲーム」を演じている当事者たち(地上の人類)が短命で終わるのは仕方がないとしても、それによって「場の波動レベル」を引き下げ、「宇宙で類例がない」と言われる美しい惑星地球の生きものたち全てを短命に終わらせているという、何とも恐ろしいことを、それと知らずにやって来たのですね。 創造主大御神)が、今度こそ一刀両断で新世界へ移行させる、過渡的にしても他の在り方は許さない、と強く決意された理由がよくわかります。 地上世界の人類全員が、上で引用した河童族代表ハインリッヒ・アレッサンドロフスコエさんのご発言を、襟を正して重く受け止めるべきだと思いました。

2.宇宙同胞モーリス・アマンダさんよりメッセージ

――皆様方はじめ 全宇宙挙げての大御神さま監修のプロジェクト
皆様方も もちろん 意識されようがされまいが
このプロジェクトにかかわっているわけです
その一員なわけですね
――その認識が非常に重要と思われます
大御神さまの わけみたまとしての存在
大御神さまと念いを一(いつ)にさせていただけるという
深い意味も込められているのです
しかも 皆様方 お住まいの この地上が舞台なのです
これほどの恩恵がございましょうか
しかと心に刻まれていただきたいと思うのです
こぞって参加させていただきましょう

皆様方も もちろん 意識されようがされまいが このプロジェクトにかかわっているわけです」・・・ここで言われていることは、私たちの顕在意識や自我が何を思うかに関係なく、誰もが「大御神さまの わけみたま
としての存在
」であることが事の本質で、「大御神さまと念いを一(いつ)にさせていただける」、つまり魂のレベルでは、常に「大御神さま」の「念い」を受け、同じ意識を抱いているということでしょう。 これほど重要な認識は、他に無いのではないでしょうか。

そして、「しかも 皆様方 お住まいの この地上が舞台なのです これほどの恩恵がございましょうか」、と言われるのは、もちろん、その背景に「惑星地球を起点として新しい宇宙が形成される―あんすまか、創造主」という空前のプロジェクトがあるわけですね。

ここで私が思い起こすのは、20098月に創造主キャロリン(キャロリン・エヴァース)とリチャード(リチャード・プレッサー)に送られたメッセージの中で、アセンションについて次のように説明されていることです(創造主 アセンションと2012年を語る【第3部】)。

――ご存知の通り、地球という惑星は一番低い地点なので、ある意味においては、宇宙のすべての創造物が地球の意識の土台に乗っています。

したがって、私たちすべてが参加しているこのゲームの中で、ヤミの勢力はこの惑星とその意識を支配しようとしてきました。というのは、彼らは宇宙のすべての意識がどれほど地球に根ざしているか理解していたからです。

ですから、起こっていることの一部分は、その土台が上昇しつつあるということで、上昇するにつれ、それは宇宙のいたるところで意識を引き上げ、あらゆる場所でアセンションの引き金をひくのです。あらゆる場所での意識のシフトは、おそらくあなた方の惑星ほど劇的ではないでしょうが、それでも重大なことです。

私たちが永く待ち望んできた、人類と地球のアセンションは、ここで言及されている「ヤミの勢力」による妨害も絡んで、紆余曲折を経ながら現在に至ったわけですが、考えられるベストの形で「この地上が舞台」として、つまり「惑星地球を起点」として、ご降臨された創造主大御神)の陣頭指揮による形により、人類の目前で本格化したわけです。

それは、惑星地球の人類にとって最高の「恩恵」であると同時に、「必然」でもあるのでしょう。 私たちはその深い意味を汲み取った上で、全力を投じて「参加させて」いただこうではありませんか。

今回のお二方のメッセージを全体として見れば、それぞれ表現は違っても目指す方向は同一で、平和と愛に包まれた世界での進化レベルの高さと斉一性を実感させられました。

――今後とも 共に 心を合わせ
大御神さまのもと ひとつ心で前進させていただきたく
よろしくお願い申し上げます
(河童族 長老)

――あらたな宇宙時代のはじまりを
皆様方と共に 歴史の一ページに刻めますことに感謝いたしたく存じます
今後とも宜しくお願いいたします
(宇宙同胞 モーリス・アマンダ)

 (Q) 小松様 こんにちは。

この度も深いご考察をお送りくださりありがとうございます。

地球と人類のアセンション」そして、「あらたな宇宙の形成」が「愛の宮プロジェクトという形で本格化されてゆきますことは、大御神さまの「太初よりの御計画」であり、私たちの「心の奥深くに 仕舞い込まれた創造の真理新しい生命―創造主より)」であるのかと存じます。 今、このように明るみしてくださり、大御神さまのもと、宇宙地底世界天界の皆さまと共に、新時代の幕開けに向けての念(おも)いを一にさせていただけますことは、本当に、たいへん光栄なことと深く感謝いたしております。

河童族長老アレッサンドロフスコエさんがお話しくださいました、「すべてのものの永遠の生命へのよみがえり」につきましては、小松様のご見解と共に、真摯に受けとめさせていただき、私も「神中心 神に創られし命」との想念を大切に抱き、宇宙の一員として共に歩ませていただきたいと思っております。

愛の宮」の建築に向けましても、大御神さまの願われる形へと順調に準備が進められておりまして、最近は生活についての細やかなことも、大御神さまのご意向を伺いながら、皆さまと打ち合わせをさせていただいております。 宇宙や地底世界の技術を存分に活かされ、地上世界の味わい深さも生かしつつ融合を図られたいとの大御神さまの理想が垣間見れまして、私共もワクワクしております。 どうか楽しみにされてくださいませ。

近況について等、新たに地底世界アダマさんが語ってくださいましたのでお伝えさせていただきます。

 ▶「愛の宮」土台作りの本格化―地底世界アダマ

どうぞよろしくお願いいたします。

(〔PC版はこちら〕)