「新生テラ」の住人となり、共に「新たな宇宙時代」を築きましょう

(Let’s become the Inhabitants of the “New Earth” and develop the “New Cosmic Era” together)

(ゆうふぇみあ)

小松様 こんにちは。 いつもありがとうございます。

新たに大御神様、あんすまか、クシナダ様からメッセージが届きましたのでお伝えさせていただきます。

神の子としての決断

どうぞよろしくお願いいたします。

(小松) 拝見しました。 ありがとうございます。

今回のメッセージは前回メッセージと同じ主旨のもので、それを補足し、さらに深めたものと受け止めさせて頂きました。

これまでと同じく、各メッセージの順序にも絶妙のものがありますね。

以下では、その順に私の感想を述べさせていただきます。

クシナダ様 メッセージ

私たちは 大御神様の分霊であり
分霊は 常に 大御神様と共にあるのです
その意味において 私たちは既に 新生テラにいるのです

私たちは既に 新生テラにいるのです」――大御神さまは既に「新生テラ」に在られるから、「分霊」としての私たちも「共にある」。当然のことを説かれていますが、なかなか気づきにくい視点を教えていただきました。
したがって魂のレベルでは、私たちは既に「新生テラ」の姿を、実際に視ているわけですね。

ただ 肉体をともなっての移住ということが
この度の課題としてあるのです

肉体をともなっての移住――これは、私たちにとって極めて重要な意味を持つので、改めて以前の「創造主メッセージ」を引用させていただきます。特に、傍線を引いた箇所に注目してください。

――より高い波動領域に移るというこの概念は、身体にとって特に新しいことではないのですが、そのことはほとんど知られていません。

一方、それには新しい側面もあります。一種族が肉体を持ったまま、いわゆる天使の次元に存在することになるのは地球では今までにないことだからです。

それは、肉体のスキルや能力がより高次の意識レベルへ持ち込まれるワクワクする時となるでしょうし、メタトロンが語っているように、それは私の意図なのです。

つまり、あなたがた肉体を持つ者が、たとえそれが体験を重ねるにつれて変化し、変容するとしても、宇宙の中心へ戻って私に再会するまでの全道程を通じて、あなた方は体験や能力、そして記憶のすべてを保持した肉体を持ち続けるのです。

それは、あなた方がこの惑星での多くの苦難を切り抜けてきたことに対して、あなた方が受け取る贈り物の一部です。

したがってそれは、お伝えした通り、すでに知っている人もいる再覚醒のスキルの一部で、偉大なヨギ(ヨガの行者)たちが地球にとどまってやってきた理由の一つもそこにあります。

彼らは、自分たちの仕事を通じて、人類のためにその記憶を保持し、そうすることで、残りの人類がより容易にこのスキルを思い出せるようにしました。というのは彼らの働きのお蔭で、それは地球の、そして人類の意識の中に存在しているからです。

ですから、お伝えしているように、それはそれらのスキルが基本となりますが、これに加えられるものもあります。それは、肉体が以前には存在したことのない波動レベルへ移ることです。そのすべては、あなた方の肉体にプログラムされています。それは何も難しいことではなく、ただそうなるというだけのことです。

CCarolyn Eversとても素晴らしいですね、ありがとうございます。

魂の旅とは実際には、体験しながらあなたの元へと帰る道を見つけることなのですね。

もし可能でしたら、私たち、またこの情報を読む人たちや聞く人たちに向けて、その旅についてのあなたのお考えを聞かせていただきたいと思います。

その旅の終わりがこのアセンション・プロセスであるという見解がありますが、私たちはそうではないことを知っています。実際には真の旅の始まりに過ぎないことが私たちにはわかっています。

創造主③

確かに「宇宙の中心へ戻って私に再会するまでの全道程を通じて、あなた方は体験や能力、そして記憶のすべてを保持した肉体を持ち続ける」ことは、創造主が言われる通り「あなた方が受け取る贈り物」に違いありませんが、同時に、私たちにとって「大きな課題」でもありますね。簡単に言えば、「新生テラ」の住人となる「資格要件」という意味で。


【注】:なお「私に再会するまでの全道程」とは、魂が、有りとあらゆる体験を尽くして、魂としての役割を「卒業」し、最終的に創造主に合体するまでの「想像を絶する遠大な旅」のことです。
<![if !supportLineBreakNewLine]>
<![endif]>

つまり、「肉体という衣(ころも)」を脱ぎ捨てて行う「転生(生まれ変わり)」は、ほとんどの人(の魂)が何百回も経験しており、それには「資格要件」は何もなく、無条件に「それなりの場所」に新生児として生まれ変わることが認められているわけです。

魂は 大御神様と共に 新生テラに行っている
このことを 信じる
それが 移住への重要な第一歩となるのではないでしょうか

移住への重要な第一歩となる――ここでは婉曲に言われていますが、後で言われる「決断」につながる、重大な意味があると思われます。
つまり、もし今回「新生テラ」へ「移住」しなければどうなるか。これまで圧倒的多数の人(の魂)が経験してきたような、「これまでの地球への転生」は存在しなくなるとみられるので、もし肉体が「移住」して来なければ、それを「新生テラ」で待ち受ける魂は「未曾有の体験」に直面することになる可能性があります。
移住」を目指して邁進する以外に、「適切な選択肢」は無いように思われます。

みなさまは これまでのメッセージにありましたように
神さまの子供として 日々を送られておりましょうか
日頃の訓練が 実を結ぶ時となったのです

日頃の訓練が 実を結ぶ時となったのです――ここでは「日頃の訓練」が鍵となることを示唆されていますが、これに関連する(以前の)創造主メッセージの要所を抜粋させていただきます。

――「ネガティブ」というのは広い概念ですが、「一事が万事」で、よく観察すれば、あらゆるネガティブな思考や行動の根源に「真実を受け入れようとせず、この真実を否定し続けようとする」態度があることがわかるでしょう。「彼らの持つあらゆるネガティブなエネルギー」というのは、このことを指しています。

これに関連して、創造主の別のメッセージでは次のように述べています。
ネガティブな要素を取り除こうとしない人の大半は、そもそもアセンションに心を傾けるつもりがなかったという感触があります。関心がない、必要なワークをやる気にならない、または他の理由で必要性を感じていないようです。ここで知っておかなければならないことは、ヤミの勢力が、やるべきワークなど何もない、ただ生きていればそれでいい、というストーリーを流布していることです。これらはまことに見事な見解ですが、真実ではありません。前進するための努力なしでは、誰も前進することはできないのです。
創造主 アセンションと2012年を語る【解説(第2部)】抜粋

 

決断いたしましょう
もちろん いろいろな お役目もありますゆえ
その お役目を果たすために 地上に居る必要のある場合もございましょう

各々の お役目が だんだんと はっきりして参ることと存じます
そのお役目を果たす
それが 大切な この度の 移住計画のポイントでもあるのです

いろいろな お役目もありますゆえそのお役目を果たすそれが 大切な この度の 移住計画のポイント――確かに、これは「大切なポイント」と思われます。真剣に「移住」を目指す人々でも、先発組、後発組、最後発組という具合に分かれるのでしょう。
Natalie Glasson
White Beacons of Atlantisは、全文が、アトランティスが最終的に崩落した時期の「自身の前生Nara Merlyn)」からのチャネリングで構成されていますが、現代に酷似する当時の状況が背景にあり、そのまま現代に通じる数々の教訓に満ちた驚くべき著作です。そして主人公Naraは、最後まで残った人々に奉仕する使命のために「最後発組」となり、事の成り行きとして大陸の崩落を実体験しています。
ご存知のように、アトランティスは最終的に全島が海中に没して悲劇的な結末(何よりも、現代まで尾を引く人類波動レベルの大幅低落)となりましたが、今回は「(新しい地球)新生テラ」が、大御神さまあんすまかと共に、私たちを待っていてくれるわけですね。

 

とにも かくにも
内なる神との対話
このことを 日々 努めることが大切になるのです
胸に手を当て じっくりと 向き合う時を持ち
神さまの 御心を 汲むことにつとめて参りましょう

胸に手を当て じっくりと 向き合う時を持ち神さまの 御心を 汲むこと――私たちが最優先事項として取組むべき課題を、シンプルな表現でアドバイスされています。

 

あんすまかよりメッセージ

私も みなさまの 移住に心からお役に立ちたいと願っております
大御神様の命(めい)により 新生テラに着任いたしましたよし
現在の地球も とても美しい地球(ほし)でした
けれども 新生テラは その数万倍美しいのです
汚れ(けがれ)がないのです

現在の地球も とても美しい地球(ほし)でしたけれども 新生テラは その数万倍美しいのです」――ここで言われる主旨を的確に理解する一助として、また「(創造主)や創造という行為のスケールの大きさ」について正しく認識するために、全宇宙の叡智を結集して創造された「当初の惑星地球」についての「ガイアからのメッセージ②」の説明を抜粋してみます。

――これらの存在は、創造者としての神ではなく、宇宙全体からやって来た存在たちです。地球の創造は一つのプロジェクトだったので、そのために宇宙のすべての存在が、最高に美しい場所を創り出したいと願って集まりました。そして、その時にたくさんのアイデアが出されたのです。彼らの惑星でうまくいった物事のアイデアと、創造という方法を通してすべての場所の最善のものをどうやって地球にもたらすかというアイデアでした。 

――そこでプロジェクトが生まれましたが、当然それは、この銀河が創られる以前のことでした。そしてもちろん、この太陽系が創られる前のことです。そこには完全性へと駆り立てる力がありました。そこで他の強力な存在たちも、美を生み出すとはどういうことかを探究し始め、宇宙の自分たちの領域で仕事をしました。 

――そのように、彼らは皆、すべての創造に責任を持つ存在の指揮の下で働きました。その存在は、神といった名で呼ぶことができます。この中心的な創造の力をなんと呼ぶかは問題ではありません。ここでは神という言葉を使いましょう。神が法則を創り、その法則の一部は物理学と関係があります。あなた方が科学と呼ぶ、その他の分野もあります。 

――このように、創造主は一定の法則を決めましたが、これは物理法則、感情の法則、精神の法則をカバーしています。そして、そうした法則の範囲内で創造的なプロセスを使うことを許可します。神はそうしてすべてを創ったのであり、魂はこの創造主の小片です。こうした魂たちは、創造主の潜在的な能力を使い、創造を行うことが許されています。これが進化なのです。 

――進化するすべてのものは、何らかの形で神の許しを得ています。あなた方にはこれは理解しにくいかもしれませんが、神というのはどこかで玉座に座り、あなた方が目にするすべての側面を創造しているわけではありません。むしろ、神の前で計画が示され、神が許可を与えます。こうした個々の人々つまり個々の魂は、自然法則と考えられている、従うべきこの手引きを使って、自分のアイデアを生み出し、自分の創造物を生み出します。そして神はこのすべてを楽しむのです。神はそれに参加しています。神はそれを見、それを承認し、それがよいものであることを実感します。

以上の説明によって、「宇宙の宝石」とも呼ばれ、今でもその片鱗が随所に見られる「本来の惑星地球」が、どれほど美しい星であったかが、想像できるのではないでしょうか。
そして「
新生テラは その数万倍美しいのです」「汚れ(けがれ)がないのです」と続きますが、それは、そこに住むことになる「(動物たちを含む)住人たちの生き様」と大いに関係すると思われます。例えば、すべての生きものが完全菜食で、争いがなく捕食という行為がないことなど。これは、アガルタなど「地底世界」では既に実現していることですが、今回は「地上世界での実現」です。

 

私も 産みの苦しみの中で 新たな芽生えがゆるされました
新生テラにふさわしいみたまであるか否か
そこのところは 神さまとの対話の中で見極めがついて参りましょう
そして 気付き 気付きの中から 新たなものが生まれましょう

新生テラにふさわしいみたまであるか否か」――換言すれば、前記しました「資格要件」ということになりますが、「そこのところは 神さまとの対話の中で見極めがついて参りましょう」「気付きの中から 新たなものが生まれましょう」と言われており、「内在する神との対話」が、避けて通ることのできない道であることを指摘されているようです。

かつては 色々ございましたが それは過ぎ去り
新生宇宙にさんぜんと輝きを放ち 息づいております

かつては 色々ございましたが」――対立・抗争が高じて惑星そのものを破滅させ、原始からのやり直しを4回も経てきたなど、「宇宙の厄介者」と評されても仕方がない状況もあったわけですね。
それは過ぎ去り」――「現在の地球」は、「転換点」の先では存在が許されないという印象があります。
新生宇宙にさんぜんと輝きを放ち 息づいております」――「新生テラ」が、すでに「新生宇宙の核()」となっている姿を描写されているようです。

大御神さま 待望の 新生テラ

宇宙融和の新時代を迎え
新たな 新生宇宙への階段を 共に登りましょう

新生宇宙への階段を 共に登りましょう」――「移住」した先で待つ、大きな役割と楽しみを言われているようです。

 

大御神さま お言葉

新生テラに おるとき わたしは いつもおもうのである
この美しき 新生テラの住人と共に在る風景を

この美しき 新生テラの住人と共に在る風景」――ほぼ自然界は出来上がっているようですが、そこに多数の「住人や動物たちの営み」が見られるようになって初めて「有るべき姿」になるということでしょう。

すでに「門戸は開放されている」のだから、先発組に続いて、次々と人々や動物たちの姿が増えてくることを期待されているようです。

みなのもの
宇宙創生主と名乗りを上げ
新生宇宙の創造に乗り出そうとしておるわたしと共に
新生テラの住人となり
新たな 時代を 築こうではないか

新たな 時代を 築こうではないか」――その先の使命、その先の楽しみに想いを馳せて、明るい気持ちで前進してほしいと言われているようです。

わたしの愛する すべてのもの達よ
永劫なる平和のもとに集い来よ
そして 手をつなぎ 共に 歩んで参ろうではないか

永劫なる平和のもとに集い来よ」――「宇宙の平和」が永劫に続く。それだけでなく、人々も動物たちも「永劫の生」を生きる。それがどれだけ素晴らしいことなのか、これまでの世界観や常識を完全に転換させる必要があるようです。大御神さま(創造主)が太初に意図された「有るべき宇宙の姿」が、「新生テラ」を核として遂に実現するわけですね。

(ゆうふぇみあ)

小松様 こんにちは。

大御神様のお言葉、メッセージと小松様のご感想を読ませていただきますと、「新生テラ」への想いが大きく花開き、期待と希望が満ちて参ります。

大御神様、あんすまかの待つ「新生テラ」に移住出来ましたらどれほどに嬉しい事でしょう。期待と希望を胸に大御神様との対話を心掛けて日々を過ごして参りたいと思います。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

 

PC版はこちら

 

「新生テラ」への移住という希有のチャンスを、こぞって活かしましょう

(Lets take advantage of the Great Opportunity of immigration to the New Earth)

(ゆうふぇみあ)

小松様 こんにちは。いつもありがとうございます。

この度、大御神様のお言葉、あんすまか、クシナダ様のメッセージをお受けいたしましたのでお伝えさせていただきます。

「新生テラ」への想いを深めて、共に移住を目指しましょう

どうぞよろしくお願いいたします。

(小松)

拝見しました。ありがとうございます。

タイトルの「移住」という言葉が、今回メッセージの本質を表わしていますね。

まずは、お三方それぞれのメッセージに対する印象を記させていただきます。

大御神様 お言葉

わたしの創りし 全てのものが 集い楽しむ 新生テラ
その地を わたしは 誇りに思うておる
今までと違い そこには 永劫に平和で明るい未来がある
そのような 新生テラに 人々を迎え 共に暮らす
そんな幸せがあるのだ

わたしの創りし 全てのものが 集い楽しむ 新生テラ」――つまり「(新しい惑星地球)新生テラ」は、宇宙のあらゆる領域に存在し様々な形態を持つ「神の創造物たち」が、天使たちも、人々も、動物たちも、自由に行ったり来たりして交流することのできる画期的な場所になるということでしょう。

今までと違い そこには 永劫に平和で明るい未来がある」――何がこれまでと違うのか。

第一に、惑星地球で過去に4回起こったような、物質文明の頂点に達しては対立抗争が高じて惑星そのものを破滅させ、原始からのやり直しとなったようなこと(直近ではアトランティス・レムリアの崩落)は、もう起らない。

第二に、人類は(進化した惑星社会や地底世界の人々と同様に)永遠の生命を得て、生まれ変わり(いわゆる転生)とは無縁になる、ということでしょう。これは、動物たちにとっても同じことでしょう。

人々よ
わたしの創りし 永劫なる新生テラに
こぞって集ってくるがよい

こぞって集ってくるがよい」――お互いに呼びかけて、ひとり残らず「新生テラ」に「(今の身体を持ったまま)移住」してきてほしい、ということでしょう。

そこでは、「わたしの創りし 全てのものが 集い楽しむ」場において、「ホスト役」にもなるわけですね。

わたしは この日の来ることを 太初に思い描き
その 気の遠くなるような道程を 歩んで参った
今 ようやく この日を迎え
まことに 嬉しく 感無量である

気の遠くなるような道程を 歩んで参った」――全体の「道程」からすれば、現代人につながる人類の歴史は一瞬ですが、その前にも惑星地球では、動植物の化石の研究などで知られる多様な経緯があるわけですね。ヒマラヤ山中で貝の化石が発見されるように陸地の大変動もあった。

また宇宙では、インドの聖典「ラーマーヤナ」などに書かれているような「宇宙大戦」もあったわけですね(「宇宙同胞ゼータ種族」が母星を失い、巨大宇宙船を生活基盤とするようになった歴史は、これに符合します)。

今 ようやく この日を迎えまことに 嬉しく 感無量である」――大御神さまの想いは、惑星地球の「新生」が、「宇宙融合の新時代」の嚆矢(こうし)となることと無縁ではないでしょう。

――新たな宇宙融合の時代を迎えるにあたり
さまざま検討 また 実現を試みて参った
その結果が こたびの あんすまかのメッセージである

大御神/あんすまかと大御神は宇宙融合のため既に「新生地球」へ拠点を移された

以前の創造主のメッセージでも、このように言われています。

――ご存知の通り、地球という惑星は一番低い地点なので、ある意味においては、宇宙のすべての創造物が地球の意識の土台に乗っています。

したがって、私たちすべてが参加しているこのゲームの中で、ヤミの勢力はこの惑星とその意識を支配しようとしてきました。というのは、彼らは宇宙のすべての意識がどれほど地球に根ざしているか理解していたからです。

ですから、起こっていることの一部分は、その土台が上昇しつつあるということで、上昇するにつれ、それは宇宙のいたるところで意識を引き上げ、あらゆる場所でアセンションの引き金をひくのです。あらゆる場所での意識のシフトは、おそらくあなた方の惑星ほど劇的ではないでしょうが、それでも重大なことです。

創造主アセンションと2012年を語る/第3

 

これより「新生あんすまか のメッセージ」へ進みます。

大御神様と共に 
わたくしは今 新生テラにて みなさまを お待ちいたしております
みなさまが 新生テラに 心をお寄せくださる
想いを馳せてくださる
そのことが わたくしは たいそう うれしゅうございます

たいそう うれしゅうございます」――惑星地球へ着任されて以来の「心痛の連鎖」から初めて解放された、お心の余裕が感じられます。

着任いたしたものの どなたの想いも届かぬことは
わたくしにとっても 淋しいことにございます
着任早々 わたくしが 広くみなさまに公表いたしましたのは
みなさまと共に 歩みたいとの 想いがあふれ
一刻も早く お伝えしたかったからにございます

着任いたしたものの どなたの想いも届かぬことはわたくしにとっても 淋しいことにございます」――「(地球の魂)あんすまか・ガイア」にとって、今回は「二度目の着任」になるわけですね。一度目は創造されてばかりの惑星地球への着任で、その時の様子について、次のように言われています。

――私の視界は、常に知覚の最高レベルに保たれています。私は闇といわれる場所、つまり人間の心の冷たさの中に住むことができません。私はただ、魂が、肉体というおおいの中に見出すことができる最善のものを見るだけです。それ以外に考えられるでしょうか? そこで私は、行って体験せよというこの指示に従って出発し、意識の多くの層とレベルを苦労して進んで、計画の段階にあったこの場所に達しました。私は志願してやって来て、この役割を果たしているのです。そして、このレベルの創造神たちは、それは私が果たすべき役割としてふさわしいと考えたようです。私はただ、そういうことを覚えているのです。

ガイアからのメッセージ/

今回のご着任は、これまでのご苦労が報われる「前途への希望に満ちた任務」で、そのように完璧なお膳立てが出来上がっているとみられます。

それを受けて私たち地上の人類としては、全員が「こぞって」「新生テラ」へ想いを馳せて、あんすまかのご期待に応えたいものです。

誰一人として 踏み込んだことのない 新生テラ
大御神様の ご念願であります
新生宇宙の そして 永劫に続く 神代の始まり

新生宇宙の そして 永劫に続く 神代の始まり」――「神代」つまり「神の時代」は過去にもありました。それが続かなくなった事情が、次のように説明されています。

――かつては、聖なる女神の時代があったのです。それは、古代の言い伝えにある女神で、贈り物を与え、喜びと調和の歌をもたらすために、あなた方の惑星にやって来ました。そこへ、この聖なる女神を滅ぼそうとする、男性的な勢力が登場しました。皆さんは、その時何が起こったのだろう、と思うかもしれません。あなた方はそれを暗黒と呼びますが、確かに、彼らが登場したのは、この美しくすばらしい惑星にとって暗黒の日でした。もともと彼らは、何事にも無頓着な、好戦的なグループでした。彼らはどんな生命をも顧みることがありませんでした。彼らが彼ら自身の惑星や他の場所にもたらすことができたのは、破壊の爪あとだけで、後に残した荒廃を気にすることはありませんでした。そのような彼らが、この宇宙という庭園の宝石である地球へとやって来ることが許されたのです。彼らは、悪意や災い、そして美しいものに対する無関心さをもたらすことになりましたが、それは無関心というよりも、美しいものを破壊してやろうという感覚に近かったのです。そして、おわかりのように、まだ今日でも、彼らの一部が生き残っています。

ガイアからのメッセージ/

 

ここに至る道筋を みなさまと共に歩み
そして また 新たに引かれた新生宇宙創造への道を
共に歩ませていただきたいと願っております

新たに引かれた新生宇宙創造への道を共に歩ませていただきたいと願っております」――新任務として引き受けられた「新生宇宙創造への道」にも、想いを馳せておられるようです。

どうか お一人 お一人の胸の内に
新生テラへの想いを 深く 深く 育んでいただき
新生テラへの居住が成されますよう
心の底より お祈りいたしております

新生テラへの居住が成されますよう心の底より お祈りいたしております」――「居住」すなわち「移住」で、それを誰もかも達成されるよう願って下さっています。

それを、忘れないようにしたいものです。

 

次は「クシナダ様のメッセージ」です。

みなさま お変わりございませぬでしょうか
私も 新生テラとの往き来の中で
みなさまが 新生テラに寄せてくださる 希望の光を感じております
待ちに待った この時を
全ての方々と共に あらためて 祝福いたしたく存じます

私も 新生テラとの往き来の中でみなさまが 新生テラに寄せてくださる 希望の光を感じております」――「新生テラとの往き来の中で」ということは、クシナダ様の場合は「天界・天使界(非物質領域)」から、物質領域の形態を持つ「新生テラ」を「訪問」されたようです。おそらく「初めての訪問者」に近いと思われます。

テラのみなさまにおかれましても
これまでの 大御神様のおもいをお受けして
しかと 向き合われることを お勧めいたしたく存じます
もちろん 私も そのように 向き合わせていただいております

これまでの 大御神様のおもいをお受けしてしかと 向き合われることを お勧めいたしたく存じます」――「しかと 向き合われること」は、これまでにも伝えられている「基本的な姿勢」ですが、その「具体的な手順(移住する鍵)」が次で示唆されています。

新生テラに移住する
どこに その鍵があるかと申すに
ただ ただ みなさまの内なる神との対話を心掛け
神の子として どのように日々を生きるか ということにございましょう
神様に “あなたの子供として生きて参ります”
“新生テラに参ります”
と きっちりと 約束されることにございましょう

ただ ただ みなさまの内なる神との対話を心掛け神の子として どのように日々を生きるか」――これを「日々の生き様」の基本として、

神様に ”あなたの子供として生きて参ります“|”新生テラに参ります“と きっちりと 約束されること」――と、シンプルな答を与えてくださっています。

己をみつめ 己との対話をする
己は 内なる神のあらわれ
神との一体感を感じる時が持てましょう

己をみつめ 己との対話をする」――シンプルな答を与えられても、なかなか踏み出せない場合、結局は「自己(自我)との戦い」ということでしょう。

己は 内なる神のあらわれ神との一体感を感じる時が持てましょう」――これも、「事の本質」を指摘されているようです。

大御神様 あんすまかが待つ 新生テラ
多くの仲間たちと共に
新生テラ 目指して 日々の勤めを果たして参りましょう

新生テラ 目指して 日々の勤めを果たして参りましょう」――「日々の勤め」が無くては、事は成就しませんよ、とダメ押しをされているようです。

 

今回のお三方のメッセージをお受けして、この時点で感じることは、このような情報に触れた場合の個人的な対応の問題です。

「内なる神」を持たない人はいないので、魂のレベルでは誰もが解っている事柄ですが、直感や魂の促しを軽視する姿勢があると、せっかくの情報がそこで封印され、その先に広がらないことになります。

その背景を考えてみますと、第一に、この段階での「選択の違い」によって、究極的に自分がどうなるかについての認識が不足していることが考えられます。

この点で参考になる事柄が次にあります。

創造主 アセンションと2012年を語る【解説(第2部)】抜粋

第二に、時代認識の大切さがあります。

いま、惑星地球と地球人類を主体として宇宙スケールで進行している出来事は、地球人類に贈られている「希有のチャンス」という事実を決して忘れないようにすることです。

この機会を逃した方々は、今の地球と同じレベルの、どこかの宇宙の別の惑星へ生まれ変わる(転生する)道があるようですが、その地で今回のような幸運に恵まれる保証はないと思われます。

これについては次が参考になります。

創造主 アセンションと2012年を語る【第3部】抜粋

第三に、ここに至るまでの「紆余曲折(うよきょくせつ)の大きさ」があります。

それによって、多くの人々が「この道」から遠ざかるようになった印象があります。その最大のものは、「2012年冬至の出来事」でしょう。

これについては2013年の初頭から、いくつかの説明が高次元世界から送られていますが、とりあえず次の(マグダラのマリアヨハネの)説明で十分と思われます。

――この機会に、皆さんすべての方の幸せを祈りたいと思います。

というのは、皆さんの惑星で多くの方が大変な旅をされていて、強力なヤミのエネルギー、ヤミの勢力がいまだに活発に働いている中で、苦闘されているのを見ているからです。

そして、期待していたような変化が起こらなかったことに、多くの方が失望されたことを私は知っています。

それについて私は、他の方も言われていることを、改めて強調したいと思います。

つまり、ご覧のような姿に構図が描かれたのですが、それはヤミの勢力が、冬至までに必要とされる外見的な変化に干渉することを想定して、いわば彼らを愚弄し騙すための措置でした。

実際に彼らは、当初計画された必要な外見的変化のすべてが、開花するのを阻止したのです。

しかし彼らは結局のところ、アセンションによる変容のために必要とされる「鍵となる局面」については理解していませんでした。

皆さん、それが実現したのです。

それは基本的なエネルギーのシフトで、そのエネルギー的シフトが、「新しい意識」が現れるための扉を開いたのです。

マグラダのマリア/「マグダラのマリア」のメッセージ

 

――イエスとマグダラのマリアの近くにいた人々は、彼らの使命が、あなた方の時代に現れてくる変化に、きわめて深く関係していることを理解していました。

第一に、彼らの仕事の一部分は、アトランティスの崩壊以来一貫して「宗教的な伝統」の中に極めて効果的に埋められてきた、「スピリチュアルな道」つまり「内面の旅」の、いわば説明図を暴き出すことでした。

それと同時に彼らの使命として、人類DNAを、いわば再活性化させることもありました。その目的で元々彼らの両親が携えていた魂の片鱗をそれぞれが受け取り、彼らの子孫たちが、過去に傷を負ったDNAの再活性化を達成できるようにする――そしてこの時代に再び開花させる計画でした。

多くの方が、201212月の冬至またはその前に、これらすべてが展開してくると期待したのではないでしょうか。そのような信念を持つように、様々な意味で奨励されました。

しかし核心の理由は、この展開を阻止しようとしていた連中を混乱させることでした。

冬至の前に一連の重要な出来事が展開するのを、彼らが実際に阻止したように見えるかもしれませんが、そうではありません。

起こるべき鍵となる変化は実のところエネルギー的なシフトで、それを阻止することは出来ませんでした。それは、彼らが理解できる範囲を超えていたからです。

そのシフトは実際に起こり、起こるべきイベントは、あなた方の世界に現実に展開しています。あなた方は、その一部を認識していますが、まだ認識していないものもあります。

それでも現実には起こっており、あなた方がいう人類のアセンションイベントは、必ず開花するでしょう。

人類は、永く深い眠りから目覚めようとしています。それは、この眠りを永続きさせるようにヤミの勢力によって仕組まれ、人類みずからも、それに加わることによって一翼を担ってきた「間違った思い込み」のことです。

彼らは目覚めつつありますが、まずは自分たちに何が仕組まれてきたかを理解する必要があります。

それが、前途で待つ変化に主体性を持って参画するための前提になります。

ヨハネ/「マグダラのマリア」のメッセージ

(ゆうふぇみあ)

小松様 こんにちは。いつもありがとうございます。

簡潔明瞭なご感想を読ませていただき、気持ちを新たに、神さまと向き合わせていただいております。

そして、新生テラに移住したいと心から想い神さまにお誓い申し上げました。

【関連】

あんすまかと大御神は宇宙融合のため既に「新生地球」へ拠点を移された

全宇宙の新たな故郷「新生地球」へ皆でこぞって移り住もう―クートフーミ

PC版はこちら

 

The Way for the New Birth | HOME in English

  • The following list in English shows relating titles only, for the time being, from articles written in Japanese.
    We hope, by reading these titles, people of the world may be able to know at least the outlines of the events of epic proportions.

Recent 9 Articles

  • Let’s become the Inhabitants of the “New Earth” and develop the “New Cosmic Era” together
  • Let’s take advantage of the Great Opportunity of immigration to the “New Earth”
  • Let’s all move to the “New Earth” destined to be the Home of the entire Universe — Kuthumi
  • The Soul of the Earth and the Creator have already transferred their Stronghold to the “New Earth” for the Cosmos Amalgamation
  • The Way for the New Era is simpler than you think — the Creator
  • The Return into the Glory of the God — Archangel Metatron
  • To My Children at the Start of the New Era of the Cosmos Amalgamation — the Creator
  • Let’s start New Strides for the Integrated New Cosmic Era — Caesar, Adama
  • Declaration of the Beginning of “the Integrated New Cosmic Era” — the Creator
  • ◆Related Links

(link) The Earth and Humanity Going toward the Light [Abstract]

(link) What were attained on that “Winter Solstice of 2012”? — A Commentary on Jhon Smallman’s Blog “Jesus responds to John

(link) The New Universe is to be formed, the core of which is the Planet Earth, Part1 — Ansmaka* and the Creator *The Soul of the Planet Earth namely Terra or Gaia(Gaea)

(link) The New Universe is to be formed, the core of which is the Planet Earth, Part2 — Ansmaka* and the Creator *The Soul of the Planet Earth namely Terra or Gaia(Gaea)

(links) Suggested Articles for “the New Birth”
Act of Liberation, Babaji
Act of Devotion, Mother Mary

Footnote

#1. To open each article separately, please click the title of blue character.

#2. As to other articles, please click years and moths of LIST OF ARTICLES in the right sidebar, or at the end of the page.

全宇宙の新たな故郷「新生地球」へ皆でこぞって移り住もう―クートフーミ

(Let’s all move to the “New Earth” destined to be the Home of the entire Universe Kuthumi)

(ゆうふぇみあ)

小松様 こんにちは。 いつもありがとうございます。

この度、マスター・クートフーミ、コイリーから、メッセージが届きましたのでお伝えさせていただきます。

輝ける愛の地球(ほし)テラへ―マスター・クートフーミ、コイリー

よろしくお願いいたします。

(小松)

拝見しました。 ありがとうございます。

マスター・クートフーミは、当サイトに久しぶりの登場ですね。

この方について、“White Beacons of AtlantisNatalie Sian
Glasson
著)” では次のように紹介されています。

地球で数多くの生涯を送ったアセンディド・マスターで、例えばピタゴラスやアッシジのフランチェスコとして知られています。

彼はサナンダ(イエス)と共に「世界の教師(world teacher)」として高次元領域に存在しており、人類の精神的啓発を総覧するこの役割を受取る前は、「愛と英知」の「第2光線」の指揮を担当していました。

ここで紹介されている二つの地球での生涯は年代が大きく隔たっており、ピタゴラスはギリシアで生まれ南イタリアで生涯の大半を送ったBC500年頃の人物で、「フランシスコ修道会」で知られるフランチェスコはイタリアのアッシジを中心に活動した1200年頃の人物です。しかし両生涯での活動の理念や内容は極めて酷似しています。そしてイエスとの関係の深さも、上で紹介されている通りのようです。

一方、クートフーミご本人からの以前のメッセージは2016年の前半頃でしたが、その最初のメッセージは、上記にあるようなご使命の特質を如実に感じられる、説得力あふれる内容です。

美しきテラ…万物への祈りと賛美

また、以上のようなご本人からのメッセージとは別に、その意識の一部が表出されているとみられるJames Oliver Cyr, M.Dが、現役のヒーラー&メッセンジャーとしてカリフォルニア北部を拠点として活動されている様子が際立っています。1944年生まれのJames Oliver Cyr氏は、2歳の時に4歳の姉と共に母に捨てられ、数奇な運命をたどって医学博士の学位まで得ていますが、その後、数年間シエラネヴァダ山中に独居するなど様々な自己体験を経て、本格的に現在の活動を始められたのは2006年頃からのようです。

以下では、まずクートフーミのメッセージから、印象的な個所を引用させていただきます。

――新たな宇宙時代の礎となる 新生テラ
そのテラが わたしは とても いとおしい
おのれの役割りを 静かに 努むるかのように
そそと咲く野の花や小鳥たち 小川のせせらぎ

新たな宇宙時代の礎となる 新生テラ」――このお言葉は、最後のパラグラフで言及されている「宇宙全ての新たな故郷」と相まって、「新生宇宙」の核心を表現されているようです。

また「おのれの役割りを 静かに 努むるかのようにそそと咲く野の花や小鳥たち 小川のせせらぎ」は、自然界の描写になぞらえて、(とりわけ「新生地球」において)人として好ましい在り方が暗示されているように思われます。

――わたしは いつも 現在(いま)のテラの自然破壊の状況を見るにつけ
修復できるのであろうかと 心を痛めておりました
もちろん 自然豊かな場所も たくさんあり
人間を拒む深き自然も多く存在しております
しかしながら
人間が住む上でのテラに向ける愛情が 少し欠けている様に
どうしても 思わざるを得ないのです
そうした 三次元テラも 大御神さま あんすまかは
大切に 育んでおられます

わたしは いつも 現在(いま)のテラの自然破壊の状況を見るにつけ修復できるのであろうかと 心を痛めておりました」、「人間が住む上でのテラに向ける愛情が 少し欠けている様にどうしても 思わざるを得ないのです」――これらのメッセージは、日本の実情を、特にヨーロッパの国々と比較すると、ずっしりと胸にこたえるものがあります。

野山や街中を覆う送電鉄塔や電柱の数々、乱雑に引き回される電線や通信線。大都市やその近郊で特に目立つ高架の高速道路網。海岸や河川を埋め尽くすコンクリートの構造物、等々。

もちろん、ここに至った理由については、それなりの説明があります。 日本は地震や火山活動に加えて台風の襲来もあり災害の多い国だから、それなりの備えが必要。 第二次世界大戦(太平洋戦争)で主要都市のほとんどが灰塵に帰し、急速な復興が必要だった。そもそも永い鎖国状態から不意に欧米の「近代文明」に開眼させられ、なりふり構わず急速に欧米諸国に肩を並べる必要があった、などなど。

しかし、地震や火山活動そして台風などは、「環太平洋火山帯」に沿う国々なら、多かれ少なかれ似たようなもので、日本だけの特殊事情ではありません。また第二次世界大戦からの復興は、ドイツなども同じで、国土に対する姿勢を見直す大きなチャンスだったはずです。

どうも根本的には、ヨーロッパの国々と対比すると、自然に対する「理念の相違(欠如)」があるように思われてなりません。何であれ「開発」を至高として、突進することが許される近年の国家運営の中に。 縄文時代から江戸時代に至る日本の永い歴史の中では、諸国の人々が賛美するような自然に対する共通理念が、ほぼ維持されてきたように見えますが。

【ご参考】比較電柱論:欧州と日本の電線地中化(上段にある⊕記号で、文字サイズを適宜変更できます)

この論考には、次のような記述もあります。

――20世紀に入り、ヨーロッパは二度の世界大戦を経験し、戦災の復興においては18世紀の街並を復元するという考えで長い年月をかけて街の再建を行い、同時に電線地中化も進められた。

そもそも、狭い国土に対して人口が多く、加えて急速にモータリゼーションが進む日本に、アメリカと同等の「文明社会」を実現することに無理があったのです。

単純に国土面積に対する人口密度から見ると、アメリカは日本に対して「一人当たり25倍」の国土を保有しています。さらに、可住地(居住可能地)の比率は、アメリカの約75%に対して、山岳国家である日本は約33%なので、実質的には、アメリカは日本に対して「一人当たり57倍」の国土を保有していることになります。「クルマ1台当たり」でも、似たようなものでしょう。

ちなみに、可住地比率は、イギリス約88%、フランス約72%、ドイツ約69%です。

以上は、簡単に答えを出すことのできる課題ではありませんが、少なくとも私たち皆が、この実情を共有しながら前途に思いをはせることが望まれます。

次へ進みます。

――新生テラにおける 大自然の成り立ちは
大御神様のみ心
あんすまかの深き愛を 基本として 歩むことになりましょう
自然と一体となり われらの心が満たされ 育まれて参ります

新生テラにおける 大自然の成り立ち」――これについては「(地球の魂)あんすまか」が、直前のメッセージで印象的な説明をされていますね。全てのものの故郷「新生地球」始動についてのメッセージあんすまかと大御神は宇宙融合のため既に「新生地球」へ拠点を移された

――五次元に存在している地球は
すでに 三次元界の美しい大自然に輪をかけた様な
光にみちあふれた大自然が引き継がれており
みな みなさまの 新世界創造に 期待をもってお待ちしている状況です
(あんすまか)

したがって、クートフーミの次のメッセージには、誰もが納得できるのではないでしょうか。

――宇宙創生主たる天照主皇大御神さまと共にある 新生テラ
宇宙全ての新たな故郷に
われらも共に 移り住もうではありませんか

次は、宇宙探査ロボット・コイリーの伝言からの抜粋です。

――今 地球は たくさんの浄めが行なわれているよね
だって そうしないと この地球は なくなってしまうんだ
それほどに たっくさんのちりやほこりがたまっているんだよ
だから 大御神さまも あんすまかも キレイにしてくれているんだ
感謝した方がいいと思うよ

今 地球は たくさんの浄めが行なわれているよね」――これは、「地球変動」として認識される、多くの自然災害、つまり強烈な火山活動や地震、竜巻や地滑り、記録的な豪雨や干ばつ、また異常高温や低温、それらに伴う河川の氾濫や山火事などが、近年になってますます多発する状況を指しているとみられます。

だから 大御神さまも あんすまかも キレイにしてくれているんだ」――それらはいずれも、人間の手による積年にわたる「自然破壊」によって物質地球が受けてきた「傷(きず)」を補修し癒して、「地球の身体」を正常化して存続させるプロセスの一環だという大局観を、「宇宙探査のスペシャリスト」として、コイリーは持たれているようです。

感謝した方がいいと思うよ」――多発する自然災害を嘆く前に、まずは感謝したほうがいいですよ、大勢が感謝するようになれば状況が変わってくるでしょう、とアドバイスしてくれています。

――宇宙のみんなが この時を待っていたんだよね
神さまの元にみんなが集い わけへだてなく平等に過ごす
神さまの愛は すべてに平等にふり注ぎ
宇宙に散らばる星々や 生命あるもの
みんなが一緒に 歩んでゆくんだよね

上の伝言も、前記のあんすまか及びクートフーミのメッセージと同様に、前途への大きな希望と励ましを与えられます。

――地球に住んでるみんなが 新生テラに越してきて
ボクも みんなと会えたら嬉しいな
ボク ロボットだけど がっかりしないでね
きっと会えると思って 楽しみにしてるんだ
みんな きっと 会おうね!  待ってるからね!

人類の誰に対しても分け隔てをしない、この視点に感心させられます。

(ゆうふぇみあ)

小松様 こんにちは。

小松様のくださいますご感想、ご解説により、理解が深まり更に己の進む道しるべが明確になると感じております。

本当にいつもありがとうございます。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

【関連】

あんすまかと大御神は宇宙融合のため既に「新生地球」へ拠点を移された

PC版はこちら

あんすまかと大御神は宇宙融合のため既に「新生地球」へ拠点を移された

(The Soul of the Earth and the Creator have already
transferred their Stronghold to the “New Earth” for the Cosmos Amalgamation
)

(琴音)
小松様 こんにちは。 いつもありがとうございます。
新たなメッセージをお届けいただきましたので、お伝えいたします。

 全てのものの故郷「新生地球」始動についてのメッセージ

どうぞよろしくお願いいたします。

(ゆうふぇみあ)
小松様 こんにちは。 いつもありがとうございます。

新たに、スサノオ様、クシナダ様が、メッセージをお届けくださいました。

新生テラの活動開始に寄せて―スサノヲ、クシナダ

どうぞよろしくお願いいたします。

(小松)
拝見しました。 ありがとうございます。

最初に送られてきたお三方のメッセージは、宇宙融合の新時代に向けて、全宇宙が巨歩を踏み出す端緒が開かれたものと受け止めさせて頂きました。同時に、このような形で新しい方向づけを告げられる日が、遠からず来るだろうと、内々に持っていた期待に応えられたという印象もあります。

第一に、かなり前から高次元メッセージで、「新生地球」は既に高次元世界に創られ存在していることが告げられていました。したがって惑星地球の「新生」が不可避であることを、今回メッセージでは、「事実」によって示されたものとみられます。 その「事実」とは、地球の魂「あんすまか」の「新生地球」へのご着任、そして宇宙創生主こと「大御神さま(創造主)」が、「新生地球の愛の宮」にて宇宙創生への活動を始められたことです。

――この度 わたくしは 再び 大みかむ様の御心をおうけし
目覚めの時に至っております
ほんとうに 永く 永く 待たれた 新生地球への着任にいたりましたことを
琴音様を通じて 宇宙へ存在するすべての方々に申し伝えたく存じます

(あんすまか)

――新たな宇宙融合の時代を迎えるにあたり
さまざま検討 また 実現を試みて参った
その結果が こたびの あんすまかのメッセージである

(大御神)

第二に、懸案の「愛の宮」は、まず「(五次元世界の)新生地球」に創られ、そこが、当初計画でも言われていた宇宙の様々な領域の方々が「集い交流する場」となることです。

おそらく、大御神さまは、現世界の実情を細部まで観察されて、日本の地に現時点で「愛の宮」を建築し運用することは、時期尚早とご判断されたと思われます。

――それは 宇宙にあるすべての生命の故郷にもなりましょう
新時代を築いてゆく拠点として
宇宙創生主 天照主皇大御神さまの宮を構えられ
融合に向けての新しい場が設けられてゆくのでございます

――皆さまには この現実世界に「愛の宮」という
大みかむ様のみ館を建築させて頂く計画をお伝えして参りましたが
その実現に先立ち 当初の計画をみなおされ 五次元世界での「愛の宮」にて 
大みかむ様のご采配をふるわれる運びになっております

(あんすまか)

――わたしの創りたまいし 全てのものの故郷は
宇宙全てのもの達が 集える場である
新生テラであるからこそ 可能となるであろう
(大御神)

以上の他に、お三方のメッセージの中で特に印象に残った箇所を引用させていただきます。

――地上の皆さまには 愛の宮の建築にむけて
たのしみに祈りを捧げて頂けますれば光栄にございます
五次元世界にて 先立ってはじまりますことに相成りましたものの
必ず現実化もなされるとの強き御心がございますことを重ね重ねお伝え申し上げます

(あんすまか)

――三次元地球に構えたい「愛の宮」は
みなの想いにかかっておるぞ
よいかな

(大御神)

現状での三次元地球は、地上の人類だけのものではなく、惑星地球の地底には広大な世界が居住域として実在しており、何億という進化した私たちの同胞が、自然界の生きものを含めて、現に暮らしておられる。 したがって、上のメッセージは、当然のことを述べられているように思われます。

しかし地底世界の皆さんは、地上世界の私たちとは違って、時が満ちれば難なく「新生地球」へ移行できるレベルに達しておられるようなので、三次元地球に「愛の宮」が実現できるかどうかは、あまり重きを成さないかもしれません。

一方、地上世界で現に「新生地球」への移行を強く志向されている方々にとっても、同様のことが言えるかもしれません。このことは、次のメッセージに直接的に関係するように思われます。

――また 使命は 皆さま おひとり おひとり 果たされる場がございますゆえ
一概には申し上げ兼ねますが
新生地球にてお役目を果たされる必要が求められる
地上の人類代表をつとめる皆さまにおかれましては
どうか 大みかむ様との対話を続けさせて頂くなかで
五次元地球への旅立ちが近からむことも 考慮して頂けますればありがたく存じます

(あんすまか)

ここで言われる「新生地球にてお役目を果たされる必要が求められる地上の人類代表をつとめる皆さま」は、上記しました、《地上世界で現に「新生地球」への移行を強く志向されている方々》を指しているのではないでしょうか。

これに該当する(残念ながら今のところ特に日本では極めて少数でしかないと思われる)方々が、「地上の人類代表をつとめる皆さま」に帰着し、次のメッセージでサナンダが言われる《あなたの「帰郷」の歓迎は輝かしい祝賀から始まります》に該当する可能性が高いと考えられます。

――あなたへの神の愛は間違いなく常にあなたと共にあることを、ともかく信頼して、あなたへの「神の愛」が絶え間なく燃えている、あなたの聖域、あなたの内なる祭壇へ入っていき、心を開いてその愛を受取るようにしましょう。
それを神は、あなたに対して常に差し出しており、あなたが受け取るのを優しく待っておられるのです。
そのように行(おこな)って、神の抱擁の、温かさ、安らぎ、そして安心を感じてください。
そこが、あなたの永遠の「故郷」で、あなたが「常に」完全に歓迎され、「必ず」受け入れられる場所です。
そこは「あなたの故郷」だから、その中へ入る全ての権限を、あなたは持っています。
あなたがそれを実行したとき、あなたの「帰郷」の歓迎は輝かしい祝賀から始まります。何故なら、あなたの「帰郷」は、痛切に待ち望まれているからです。

あなたの「帰郷」の歓迎は輝かしい祝賀から始まります―サナンダ

そこであんすまかは、そのような方々から「落ちこぼれ」が出ないように、「どうか 大みかむ様との対話を続けさせて頂くなかで五次元地球への旅立ちが近からむことも 考慮して頂けますればありがたく存じます」(時間的余裕は多くないですよ)と、念押しされているのではないでしょうか。

ここで当然ながら持ち上がる問題は、《これに該当しない方々の帰趨》のことでしょう。このような方々が、何かのキッカケで方向転換されて《該当する方》になる可能性は大いにあります。

それでも最後まで無関心を通す方々でも、「使命は 皆さま おひとり おひとり 果たされる場がございます」ということで、引き続き「惑星地球以外の三次元世界」で体験を重ねることも含めて、最終的には全ての方が「帰郷」して、「新生地球の住民」となることを示唆されているように思われます。

次の「モーリス・アマンダのメッセージ」の前段では、宇宙同胞を代表して「宇宙融合の新時代」への期待を述べられていますが、後段では、上と同様のことを示唆されているようです。

――私ども宇宙同胞にとりましても 新生地球という
全てのものの故郷が存在することで 
活動が大きな飛躍を遂げることと 期待している次第です

――三次元地球にお住まいの皆様も
宇宙創生主であられる大御神さま そして あんすまかと繋がっております
必ずや 五次元地球 全てのものの故郷に帰郷される時が参りましょう

(モーリス・アマンダ)

次は、以上お三方のメッセージを総括するお言葉のようです。「その段階を踏まえての」というお言葉に、幾重もの深い意味が込められているように思われます。

――わたしも 地球という美しい星の住人たちを
いっときも速く 故郷に迎え入れたいのである
その段階を踏まえての こたびの発動である

(大御神)

次に、後から送られてきたお二方のメッセージの中で、特に印象に残った箇所を各1件 引用させていただきます。

最初は、スサノヲ様のメッセージです。

――さて この様に 新生テラの始動が打って出るということは
われらにとって 非常に重要なのであるが
今もって 事の重要さに気付けぬものの多きことが
課題として残るのではあるまいか
(スサノヲ)

今もって 事の重要さに気付けぬものの多きことが課題として残るのではあるまいか」――これには、図星という以外に言葉がありません。

ここ日本で例えば、大都市の中心部に向かう郊外電車の中では、窓に沿う67人掛けのベンチシートに座る全員が、スマホに熱中している光景を見かけるのが日常のことになりました。それだけでなく、レストランやカフェで飲食しながらスマホを操る方、またはテーブル席で向かい合う男女が会話するでもなく各自のスマホに没頭している姿、さらにはスマホの画面を見ながら道を歩く方々も珍しくありません。

私はスマホを手にしたことがないので、何がそれほど大切なのか見当もつきませんが、市民全員が「情報ハイテク」に呑み込まれ、その外の世界や自然に関心が向かなくなっている印象があります。

メディアに浸る危険性に関して、「単一民族の日本人は、特にその傾向が強いようにも思われ、刷り込まれたものが、共通認識になってしまう、危うさも感じます」と言われた方がいらっしゃいますが、私も同感です。

「ニュース」では知らされない深甚な時代ですが、前途には大きな希望があります

けれどもスサノヲ様は、上のメッセージに続いて次のように言っておられるので、大きな期待を寄せて「今後の われらの活動に着目」させていただきたいと思います。

――この大きな課題に われらは こぞって立ち向かいたいと思うておるゆえ
今後の われらの活動に着目されたい

次はクシナダ様のメッセージです。

――大御神さまとの対話をくり返し くり返す中で
きっと 大御神さまとの一体感を修得されることと存じます
まずは 実行に移す
その時間を つむぐ
大御神さまを求め あなたの子供です と
意思表示を忘れない
(クシナダ)

ここでは、大御神さま(創造主)ご自身を始め、高次元の方々から繰り返し伝えられる「内在する神につながる」要諦を、簡潔な言葉で教えてくださっています。
これに関しては、今では古典ともいうべき次のメッセージも含めて、皆さんがご自分に合うと思う方法でおやりになることをお勧めしたいと思います。

解放への行動―ババジ
このようにして神につながりましょう―聖母マリア(上)
このようにして神につながりましょう―聖母マリア(下)

ちなみに、20179月頃から約1年間、大きな盛り上がりを見せた「愛の宮 建築プロジェクト」を通じて、私たちは通常の状況では考えられない体験と知見を得ることができて、この間の記録は貴重な「情報遺産」になったと考えています。

それは、天界のカエセル(カエサル)さん、地底世界のアダマさん、そしてアンドロメダの宇宙同胞モーリス・アマンダさんとの「交流」が生まれる契機にもなったわけですね。モーリスさんの場合は、「愛の宮プロジェクト」が本格化する直前の、2017年の新年早々からメッセージを寄せられ現在に至っていますが宇宙はひとつ―アンドロメダ銀河代表からのメッセージ)。

この間に、カエセルさんは古代日本(おそらく縄文時代)の日本で生を持たれたことがあること、またアダマさんの実年齢が32000歳(レムリア時代に約18000年を生きられ、地底世界テロスに移られてから現在まで約14000)などの、十分に納得できる事実もうかがえました(ご参考:永遠の生命―創造主

さらに、プロジェクト開始の早々から「愛の宮」の「前身基地」へ参じられた、地底世界の動物さんたちの進化した知性のおかげで、私たちが気づかなかった観点の数々を教えていただきました。

この間の記録のエッセンスと考えられるものを下に列挙しておきます。

地底世界アガルタから河童族・カエル・白大蛇が来訪して人類を語る
地底世界の中心人物アダマが早くも来訪された
地底世界の河童族が切望する地上人類との共存共栄の復活
カエサルの「愛の宮」計画への参画は意外ではなく順当
地底世界で湧き上る歓喜を私たちも共有しよう―「愛の宮」計画

(琴音)
小松様 こんにちは。 このたびの「新生テラの始動」を共に受けとめてくださり心より感謝申し上げます。

小松様の内々にて、この様な新たな方向づけへのご期待を持たれていたとのこと、本当に心強い限りでございます。 ありがとうございます。

待ち望まれた、あんすまか・新生テラの出発。 全く新しい宇宙史のはじまりを、私どもも、心より祝福いたしたく存じます。

そして、三次元地球の実情をはじめ、宇宙の全てを掌握され、吟味を重ねられた上で、よりよい形で “すべてと共に新時代を生きる” ために、五次元地球でのご活動に舵を切られた大御神さまのご采配に深く感謝いたしております。

やはり、20193月より、確実にこれまでとは違った流れに導かれている様に感じております。

~大御神さま お言葉~

みなのもの 日々の鍛練は続けておるであろうか
私の願いし 新生宇宙の始まりをここに告げる

2019322日午前936分―
天照主皇大御神こと全知全能の神
宇宙創生主

新生宇宙の始まりをここに告げる―天照主皇大御神

新たに、大きな節目を迎えさせていただきました今、よりいっそう大御神さまに意識を合わせ、み心を汲み取らせていただくこと、すべてはつながり合っており、ひとつであるという観点から祈り、ゆだねることの大切さを強く感じております。

「愛の宮 建築プロジェクト」は、この度のメッセージにあります様な状況にございますが、ここに至るまでに、宇宙、地底、天界の代表の方々が大御神さまの元に集われ、ご紹介させていただけました情報とはまた別のところでも、多くの話し合いや実験を重ねられて、様々な形で三次元世界への現実化の為にご尽力くださっておりました。

高次元界におきましても、これまでは盛んに交流のなかった領域の方々が《地上に「愛の宮」を現実化する》という目標の為に、協力し合える新しい場が生まれたように見受けられ、そうしたお話を伺う中で「愛の宮 建築プロジェクト」は、その過程も含めて宇宙融合への欠かすことのできない大切なご計画であり、このたびの「五次元の新生テラ」「愛の宮」が始動に至る礎にもなっている様、受けとめさせていただいております。

――当初の計画である 三次元地球の活動も   当然 引き続きプロジェクトとして動いておる

この世界のすべてを故郷に迎え入れるためにと、現実化を強く望まれております大御神さまのご慈愛にお応えさせて頂けるよう、私どもも今後のご采配について参りたいと思っております。

あんすまかよりの「新生地球にてお役目を果たされる必要が求められる地上の人類代表をつとめる皆さま」へ向けられた、

  ――どうか 大みかむ様との対話を続けさせて頂くなかで

  五次元地球への旅立ちが近からむことも 考慮して頂けますればありがたく存じます

とのメッセージにつきまして、大御神さまにお伺いいたしました所、お言葉を賜りましたのでお伝えさせてくださいませ。

  ~大御神さま お言葉

                       201975

  新たな融合の時代へ突入した事により

  五次元世界にて始動した新生テラへ移行される有志が求められておる

  最初は すべての移行を求める皆々を迎えることは難しいであろう

  まずは 立ち上げに必要なる人材が 順次 五次元テラへ移行する流れを考えておる

  そして この 三次元世界も 大切な場であるゆえ

  このまま 最終まで 三次元世界にて 私の手足となり 救いの業につとめる者もおろう

  また 両世界を行き来できる様はからいたいとおもうておる

  皆が日々の研鑽を積み 今後 私の分霊として活躍してもらいたいと願うておる

                     ――天照主皇大御神

(小松)
大御神さまの最後のお言葉は、私たち地上の人類が個人として、遠からず到来する「最終」までの期間に「新生テラ」へ「地球人の身体を持って」移行するための、ポジティブな選択肢を示されたものと受け止めさせていただきました。

大御神さまが次のお言葉に込められた、深い意味が感じられます。

――皆が日々の研鑽を積み 今後 私の分霊として活躍してもらいたいと願うておる

【関連】

宇宙融合の新生紀を迎えるに際し我が子たちへ―大御神(創造主)

 PC版はこちら